大阪の歯科技工所ナンゴウデンタルラボラトリー HOME > デンチャー

デンチャーこそ歯科技工所の実力が試されます


  CAD/CAMによるクラスプ製作

インプラント治療への関心が高まる一方で、今なおもっともポピュラーな補綴治療として支持されているのがデンチャーです。自費診療でもインプラント治療ほど高額ではなく、インプラント1本分の価格で機能性の高い総入れ歯(総義歯)を作ることが可能。加えて、治療時の身体的負担が少ないという大きなメリットもあります。

こちらのページでは、東大阪市の歯科技工所「ナンゴウヤデンタルラボラトリー」がご提供している入れ歯についてご紹介します。

当技工所がおすすめする入れ歯

ウェルデンツ

ウェルデンツ使用例

ウェルデンツ使用例

ウェルデンツ使用例

エステショット(ノンクラスプデンチャー)

金属製クラスプ(バネ)を使用しない入れ歯です。エステショットで使われているのは、「ポリエチレンテレフタレート共重合体」という新素材。常温重合型レジンとの接着性が良好で、リライニングや補修が簡単に行えます。残留モノマーや溶出物も低減できるよう開発された素材ですので、安心してお使いいただけます。吸水性が低いので長期的に審美性を損なわず、さまざまな義歯に使用できる適度な粘り強さがあるので、高い適合が得られます。

ミリングデンチャー

 

入れ歯を固定する差し歯の部分から設計を行うのが、ミリングデンチャーの特徴。
残っている歯への負担を最小限に抑え、安定した維持を目指した設計ができるため、しっかり咬むことができます。入れ歯に金属クラスプ(バネ)を使用しないため見た目が自然で、装着後に違和感を覚えることもほとんどありません。

高品質の入れ歯技工物をお求めの方はナンゴウヤデンタルラボラトリーにご相談ください  お見積もり依頼・お問い合わせ