大阪の歯科技工所ナンゴウデンタルラボラトリー HOME > ジルコニア・オールセラミック

セラミック素材で満足度の高い歯科技工物を

審美性・機能性・生体親和性の高いセラミック素材の歯科技工物を各種取り扱っています。

こちらのページでは、セラミックの素材・補綴物についてご紹介します。

ハイブリッドセラミック

白い金属と言われるほど曲げ強度が1200Mpaあり、単冠からフルブリッジまで適応出来る素材です。アレルギーの心配がなく強く、美しい素材です。

ジルコニア

ジルコニアとはダイヤモンド
クラウンの土台に金属ではなく、光の透過性が高いジルコニアを使用するため、天然歯同様の美しさがある素材です。しかも非常に丈夫なため厚みを必要とせず、技工物全体が軽いという特長があります。最大14歯連結も可能。特にインプラントへの使用が人気です。

フルジルコニアクラウン、インレー

フルジルコニアクラウン、インレーとはジルコニアブロックからCAD/CAMにより削り出したものであり、曲げ強度は1200Mpaあり非常に強いです。着色により透明感が表現出来るようになり、審美的にも良くなっています。特に当社のインレーの適合は他社では出来ない程の高水準となっています。

e.max

現在、もっとも最先端といえるセラミック素材が「e.max(イーマックス)」。e.maxは二ケイ酸リチウムガラスを主成分とした高強度ガラスセラミックスのことです。曲げ強度が400Mpaあり、メタルを使用しないオールセラミックです。

クラウン、インレーに適応し審美性、機能性、耐久性を誇ります。

クリーンルーム製作だから可能な高純度

これまでのセラミック粉と水の混合による焼成では、不純物の混入によって光の透過度低下(濁りなど)や強度低下という問題が発生していました。これは、水分に含まれる不純物や製造現場の空気中を漂う粉塵などによって引き起こされるもの。しかし、e.maxは専門工場のクリーンルームで作られているので、純度が非常に高いのが特長です。

e.maxの主成分であるニケイ酸リチウムガラスはほどよい硬さを持つため、咬み合う天然歯を傷つけません。また、装着する天然歯とは分子レベルで強固に結びつくので、接合面からの虫歯再発の防止が期待できます。

メタルボンド

人工歯にセラミック、内部フレームに金属を使用した、クラウン(被せ物)の中でも高い強度が特長のメタルボンド。オールセラミックなどに比べるとやや審美性に劣りますが、コストパフォーマンスに優れています。金属の溶け出しによる歯肉への着色や金属アレルギーのリスクもあります。

当技工所では、内部フレームに人工関節に使用されるほど生体親和性の高いコバルトクロムを使用したコバルトクロムメタルボンドをお作りしています。高価な貴金属を使用しない為、比較的お求めやすい価格でのご提供が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

当技工所では高性能の素材(e.maxなど)や設備(CAD/CAM冠など)を使用して、使い心地にこだわった技工物をご提供しています。素材や納期についてのご要望にもしっかりお応えしますので、ご興味がある歯科医院様はお気軽にお問い合わせください。

お見積もり依頼・お問い合わせ