大阪の歯科技工所ナンゴウデンタルラボラトリー HOME > インレーの種類について

インレーの種類について

インレーとは虫歯治療の際に使用する部品で、奥歯の詰め物のことです。このインレーは、金属やレジン、セラミックで作られたものなど様々な種類に分かれています。そこで、こちらではインレーの種類についてご紹介します。

インレーの審美的な優先順位は、e.maxインレー>ハイブリットインレー>ジルコニアインレー>メタルインレーの順になります。

セラミックインレー(e.maxインレー)

全てオールセラミック素材で作られた詰め物を「セラミックインレー」といいます。本物の歯のような見た目で、透明感がありとても自然な仕上がりなので、銀歯が気になる方に最適な詰め物です。また、セラミックインレーは金属を一切使用していないため、金属アレルギーをお持ちの方でも安心してお使いいただけます。しかし、セラミックインレーは衝撃に弱く、強い力が加わると割れる恐れがありますので、歯ぎしりの癖や噛みしめの強い方は、金属のインレーがおすすめです。

ジルコニアインレー

ジルコニアインレー」は、従来のインレーにはない新しいタイプの白い詰め物です。なぜなら、ジルコニアは金属と同等の強度のため、簡単に割れたり欠けたりすることはありません。また、見た目の美しさも兼ね備えておりますので、魅力的な口元を演出することができます。患者様のあらゆる悩みを解消するには、ジルコニアインレーは大変優れた詰め物といえるでしょう。
ジルコニアインレーは制作が困難なため、他の技工所では製作が出来ないのですが、当社の技術を用いたジルコニアインレーは適合精度が高いと評価されています。
当社のジルコニアインレーは透過率(51%)の高い透明感のある 純国産を使用しています。

ハイブリッドインレー

「ハイブリッドインレー」はレジンとセラミックを混合した詰め物です。歯と密着しやすく細やかな調整が可能なため、詰め物との間に虫歯ができる心配も少ないですし、素材が柔らかいため周囲の歯を傷つけることもありません。しかし、タバコやコーヒーが好きな方は着色しやすく、時間が経過すると変色しやすいため、日頃のメンテナンスが重要です。金属に比べると耐久性は劣りますが、弾力性が優れているため、自然な噛み心地を実感できます。

ゴールドインレー

金合金や白金加金などの金属で作られた詰め物を「ゴールドインレー」といいます。他の素材と比較して耐久性に優れており、非常に錆びにくいため、安定した歯科修復材です。また、しなやかな金属なので密着性が良く、歯との相性も抜群の詰め物となります。しかし、金属なので目立ちやすく、審美性にこだわりたい方には適していません。

ナンゴウヤデンタルラボラトリーでは、最新設備による高品質な技工物を全国へお届けしております。セラミック素材で満足度の高い「ジルコニア」を使用した技工物の製作も手掛けておりますので、ご検討中の歯科医院様はお気軽にお問い合わせください。

お見積もり依頼・お問い合わせ