大阪の歯科技工所ナンゴウデンタルラボラトリー HOME > コバルトクロムメタルボンド

コバルトクロムメタルボンドをお求めやすい価格で提供可能です

近年は、パラジウム、銅、水銀、アマルガムなどを含む生態親和性の低い金属が、歯科素材として使用されなくなってきています。ヨーロッパ、特にドイツやスウェーデンでは、安全性に疑問が残ることから、現在はまったく使用されていません。これらの国で前述の金属の代わりに使用されているのが、コバルトクロム(CoCr)とチタンです。

東大阪市のナンゴウヤデンタルラボラトリーでは、長年の経験から多くの方におすすめできるメタルボンドとして、「コバルトクロムメタルボンド」をご提案しています。

コバルトクロムメタルボンドの特徴

当技工所では、コバルトクロムメタルボンドをお求めやすい価格でご提供しています(金属代金込み)。さらに、鋳造ではなくCAD/CAM冠による削り出しなので「巣」が入らず、高品質です。

国際規格ISOで認められた安全性

コバルト(Co)は基本的には生態親和性の高い金属とされています。クロム(Cr)も同様に、人体に害を及ぼさない金属の一種。クロム化合物には6価と3価がありますが、強い毒性を持つ6価クロムはアレルギーを引き起こすため、歯科素材として使われることはありません。

当技工所がお届けするコバルトクロムメタルボンドも、削り出し製法によるもの。メタルボンドの特長であるコストパフォーマンスの高さを維持しながら、メタルフリー素材に近い安全性も兼ね備えています。

最新情報・キャンペーン

お見積もり依頼・お問い合わせ